【人事に聞く】採用面接での逆質問は何を聞けば良いの?

質問はありますか?多くの企業では、採用選考の最後に「何か質問はありますか?」と逆質問を促します。さて、その際どのような質問を投げかけるべきなのでしょうか。

 

今回の記事では、採用面接の逆質問でどのようなことを聞けば良いのか、東証一部上場の大手メーカーに勤める現役人事担当者の見解をもとにご説明致します。

 

 

 

逆質問の内容に正解はない

 

"no-img2″
人事

はじめにご理解いただきたいのは、逆質問の内容に明確な正解はないということです。“この質問をしてきた候補者は合格”といった軸は基本的に持っていません。

 

面接官が逆質問を行う意図

-純粋に候補者の疑問を解消するため

-候補者の目の付け所(興味、考え方、そこに至るバックグラウンドなど)を知るため

-形式的に行っている(意図はない)

 

正解はないとは言いながらも、このような意図を持って逆質問をしています。

 

純粋に候補者の疑問を解消するため

候補者が気になっていることに対してピンポイントで回答することで、志望度を高めさせるというものです。また、候補者の疑問を解消することで企業理解を深めさせ、入社後のミスマッチを防ぐ狙いがあります。特に知名度があまり高くない企業ほど、この意図で逆質問の時間を長くとっていることがあります。

 

候補者の目の付け所(興味、考え方、そこに至るバックグラウンドなど)を知るため

候補者が、当社のどこに(経営方針?事業内容?働き方?給与?)興味を持っているのか、また、どのようなバックグラウンドで、そこに興味を持つに至ったのかを知る狙いがあります。もちろん、通常の質問の中でも探ろうとしますが、0から1を生み出させる逆質問だからこそ、候補者の色が見えてくることがあります。

 

不正解な質問をしないように気を付ける

 

"no-img2″
人事

明確な正解が無い一方で、上記の面接官側の意図にそぐわない質問内容はもちろん、その他にも適切でない対応は不正解とみなされてしまうことがあります。

 

不正解な質問・対応の例

-「特にありません」

-ホームページ等で容易に入手できる情報について尋ねる

-上から目線で質問・意見をする

-意図のない質問をする

 

「特にありません」

すでにできる限りの策を尽くして、十分な情報を持っている場合を除き、「特にありません」という回答は絶対にしないでください。

 

面接とはいえ、貴重な情報収集の機会です。そんなチャンスを活用しない姿勢は、面接官に入社意欲がないと思われてもおかしくありません。また、先ほど述べた通り「候補者の疑問を解消」しようとしている面接官の提案を断ることは、好意を無下にしていると同義です。

 

では、本当に質問が特にない時にどうすれば良いのか?それについては、後ほどご説明します。ただし、本当に入社したい企業なのであれば疑問は尽きないでしょうから、心から質問が「特にない」と感じた時点で、その企業に対しアプローチを続けるべきなのか、今一度考える必要がありそうです。

 

ホームページ等で容易に入手できる情報について尋ねる

少し労力をかければ分かるようなことを、わざわざ面接官に質問するのはナンセンスです。入社意欲がないと思われてもおかしくありません。また、社員の生の声を聞ける貴重な機会を活用できないという観点でも、すべきではありません。

 

上から目線で質問・意見をする

事前に企業研究をしっかりと行っており、その企業が直面する具体的な課題を理解していたとしても、社員と同じ目線(もしくは、その会社の経営者の目線)で批判的な質問をするのは避けましょう。

 

これは必ずしも、不正解な対応ではありませんが、面接官からすれば「当社を良く知らない人に批判されたくない」という気持ちが先行し、印象が悪くなってしまう可能性があります。

 

意図のない質問をする

何度も述べていますが、面接官は候補者の疑問を解決しようという姿勢で「質問はありますか?」と尋ねてきます。どんな質問にも真摯に対応はしてくれますが、意図のない質問に対しては、「この候補者は何を考えているのだろうか?」と考えてしまいます。こういったケースにおいては、「何を考えているのだろうか?」=「変わっていて面白い!」ではなく、「何を考えているのだろうか?」=「価値観がずれている。」となってしまう可能性が高いです。

 

 

 

具体的なアクション

 

では、不正解な質問をしないようにするには、具体的にどうすれば良いのでしょうか?

 

"no-img2″
人事

事前に企業研究をしたうえで、純粋に気になっていることを質問すれば、たとえありがちな質問であっても不正解とはなりません。ここでは、簡単にできて、ご自身の情報収集にも役立つ具体的なアクションをご紹介します。

 

面接官に刺さる質問・対応の例

-面接官にたっぷり喋らせる

-面接官ならではの答えを引き出す質問をする

-入社後の姿をイメージした質問をする

 

面接官にたっぷり喋らせる

基本的なスタンスは、“面接官にたくさん喋らせる”です。候補者の疑問を解決しようという狙いを達成できていると、面接官に思わせれば印象が良くなります。

 

面接官ならではの答えを引き出す質問をする

上述の通り、面接官にたくさん喋らせるためには、面接官ならではの回答を引き出そうと意識して質問することが効果的に作用します。要は、自分のことを気持ちよく語らせるのです。

 

例えば、面接官自身がこの会社で働いている理由(働きがい)や、面接官の部署で直面している課題に関しての質問が挙げられます。そのほかにも、面接官の立場(年次、役職、職種など)を意識して質問することで、しっかりと考えている印象を持たせることができます。

 

入社後の姿をイメージした質問をする

入社後の姿をイメージした具体的な質問をすることで、入社意欲の高さを印象付けられます。また、自身の思い(やりたい仕事、求める環境など)とのミスマッチを解消しようとする姿勢は好印象です。面接官に刺さるかという観点は別にしても、入社後のギャップをケアするためは、しっかり確認しておくべきでしょう。

 

おわりに

 

今回の記事では、採用面接の逆質問で避けるべき不正解な対応と、不正解しないための具体的なアクションをご紹介しました。

 

他にも面接に関して説明している記事がありますので、あわせて参考にしてください。