【中国語】外食するためにおさえておきたいフレーズ

中国語 外食中国では、地域によっては英語が通じないことがあります。そんな時におさえておきたい、外食するための中国語フレーズをご紹介します。旅行などの際に使ってみてくださいね。

 

 

 

「欢迎光临(huānyíng guānglín)」

 

このフレーズ、字面からなんとなく想像がつくかもしれません。「いらっしゃいませ」という意味です。

 

もちろん、お客さんが使う言葉ではなく、入店した際に店員さんからかけられる言葉です。日本の「いらっしゃいませ」とほとんど同じ感覚で使われますので、覚えておくと良いでしょう。

 

入店するとかなりの高確率で 「欢迎光临」と言われますので、テンパらずに笑顔を返せると良いですね。

 

「你好(nǐ hǎo)」

 

「你好」くらい知っていると思われた方がいるかも知れません。ご存じの通り、挨拶の言葉として使われます。英語でいうところの「hello」に近いものがあります。

 

実はこの言葉、外食する際にも使えるのです。

 

何かを注文したいとき、店員さんを呼びますよね。その時にかける言葉が「你好」なんです。日本の飲食店をイメージすると、「すみませ~ん」に近いものがあるかも知れません。

 

その他のパターンでいうと、シンプルに「店員さん!」と声をかける方法もあります。中国語で、店員は「服务员(fúwùyuán)」と言います。

 

「我要这个(wǒ yào zhège)」

 

店員さんを呼んだ後は、注文する必要があります。料理名が分かる場合には、単純に料理名を単語で言えば伝わると思いますが、料理の名前が分からない場合には、メニューを指さして注文しましょう。

 

そんな時に使えるフレーズが「我要这个」 です。直訳すると「私はこれが欲しい」という意味ですので、メニューを指さしてこのフレーズを使えば、「これください」と いった意味になります。

 

ちなみに、テーブルの上にメニューが無い場合には、「我要菜单(wǒ yào càidān)」と言ってメニューを貰いましょう。メニューは中国語で「菜单(càidān)」と言います。

 

 

 

「一个(yīgè)」「两个(liǎng gè)」

 

「一个」は一つ、「两个」二つという意味で、数量を表すときに使えます。例えば、先ほどの「我要这个」とあわせて使うことができます。メニューを指さしながら「我要一个这个(wǒ yào yīgè zhège)」と言えば、「これを一つください」という意味になります。

 

「买单(mǎidān)」

 

ご飯を食べ終わり、店を出る際に使える一言が「买单」です。そのまま訳すと、伝票を精算するという意味になりますが、日本的に考えれば「お勘定をお願いします」といったニュアンスで使用することができます。

 

おわりに

 

以上、五つのフレーズをご紹介しました。本当にこれらだけ抑えておけば、町の飲食店にふら~っと入って、ご飯を食べて帰ることができます。

 

ぜひ実践してみてください。