研究や卒業論文のテーマの決め方:基礎編【文系学生必見!】

f:id:zakki_blog:20200430213531p:plain

大学でゼミや研究室に所属するようになって、はじめてぶつかる壁がこの「自身の研究や卒業論文のテーマを決める」というものだと思います。

 

ゼミ面接時には、「こんなことに興味があります!」で入ることができたのに、実際に研究テーマ決めの時期になると、何度も何度も指導教員と考え直し、あやふやなまま研究が進んでいく、なんていうこともよくある話です。

 

今回の記事では、どんな研究テーマ/卒論テーマを設定すれば指導教員に認めてもらえるのか、そのヒントとなるお話をしていきたいと思います。

 

なお、この記事は「基礎編」という位置付けです。読み終えたあとは、続けて、下記の「実践編」をお読みください。今回の記事では「そもそも研究とはどういったものなのか」ということをご説明するのに対して、下記の記事では「では、どうやってテーマを考えれば良いか」についてご説明しています。

 

 

 

研究とは?

 

「研究」と言われ、どのようなイメージを持つでしょうか。新聞やニュースなどでは、ある研究について「今までに誰も行ってこなかった、全くもって新しい研究!」などと大々的に取り上げることもしばしばあります。そういったものを見て、研究=革新的な大発明のようなイメージをもっている方も多いと思います。

 

しかし、研究とは、誰も思いつかないような突拍子もない新しいことをやってのけることではありません。研究とは、積み重ねです。その学問領域において、まだ足りていないところを自身が補うように研究をするイメージです。

 

これを実現するためには、下記のようなことに注意をして研究テーマ決めをしていく必要があります。

 

研究には「新規性」と「独自性」が不可欠

 

あたりまえかもしれませんが、これからあなたが行う研究には、新規性と独自性が必要です。

 

  説明
新規性 まだ誰も行っていない研究、前例のない新しい研究
独自性 あなたならではの工夫がある研究、あなたがすることに意味がある研究

 

ただ、これは突拍子もなく新しいことを言う、ということではありません。では、どのようにして新規性や独自性のある研究テーマを生み出せばよいのでしょうか。

 

研究とは先行研究の積み重ね

 

冒頭でもお話したように、研究とは(先行研究の)積み重ねです。各自が突発的に新たな研究をしはじめてしまうと、その学問領域は進展しなくなってしまいます。(積木をイメージしてみてください。)

 

そうならないためには、「自身の研究は、過去のこういった議論のなかの、ここに位置付けられる」と言うことができるようなポジショニングを考えなければなりません。

 

自身の学問領域の先行研究を網羅的に調べる

 

そのためには、まずは自身の研究予定領域の先行研究を網羅的に調べる必要があります。今までの研究者たちは、どんなことを言ってきて、どんなことを言えていないのか、に注目して文献を読み漁っていきます。

 

基本的には、ある書籍や論文を把握し終えたら、参考文献の項目に着目し、芋づる式に関連文献を探していくことがオススメです。また、日本の文献だけでなく、海外の文献にも注目する必要があります。

 

おそらく、どの文献にも、その研究がこれまでの研究のどこに位置付けられるかが明記されていると思いますので、そこにも注目し、どんどんマッピングをしていきましょう。

 

文献レビューを通して先行研究の穴を探す

 

先行研究を精査していき、まだ言われていないことを探します。実は、ここが最も難しく、反対に言えば、その穴さえ見つけてしまえば、研究も論文もあとは作業として辛抱強く進めていけばいい、となります。

 

ただ、ここで重箱の隅をつつくような小さな穴を指摘してはいけません。単純に、他の研究者から「そんな小さなこと言ってるの?」と興味を持ってもらうことができませんし、自身でも研究をしていてつまらなくなると思います。

 

先行研究のなかでも、「これまでの研究では○○という点には触れられてこなかった。」というような文言があることが多いので、それを真似して考えてみましょう。

 

論理的含意と実務的含意を考える

 

さらに、研究には意味や意義がなければなりません。これをアカデミックの領域では、「含意(がんい)」と呼びます。(「インプリケーション」と呼ばれることもあります。)含意を書くことで、自身の研究の価値を明示的に示すことができます。

 

この「含意」には、基本的に、「理論的な含意」「実務的な含意」の2種類があります。どのような研究においても、その研究のどんな点に論理的/実務的な含意があるのか、答えを用意しておかなければなりません。実際に、卒業論文を書く際にも、最終章「結論」の中で、触れることになると思います。

 

  説明
理論的含意 今まで言われてきた理論に対して、本研究がどのように貢献したのか
実務的含意 アカデミックな側面のみならず、本研究は実務にどのように貢献するのか

 

上記のように2つに分けてそれぞれ論じることが難しい場合は、「含意」としてひとまとめに書く場合もあります。

 

 

おわりに

 

いかがでしたでしょうか。本記事でお話したことは、まとめると次の通りです。

 

「研究は、先行研究からの積み重ね」ということを念頭に置きながら、過去の関連文献を読み漁る。その領域の全体像を意識しながら、まだ言及されていないこと(=穴)を探し、それを埋めるように自身の研究テーマを設定する。ただし、その研究テーマは、理論的にも実務的にも意義がある、と言うことができるようなものであることが望ましい。

 

基礎がわかったところで、次は「じゃあ、実際にどうやって研究テーマを考えればいいの?」という疑問にお答えしている、下記の記事に進んでくださいね。

 

あなたの考えた研究テーマが指導教員に「いいね!」と言ってもらえることを願っています。