【2020年】ミニマリストによる買ってよかったもの5選

f:id:zakki_blog:20210109175244j:plain

コロナの影響で家にいることが増えましたよね。

 

こんなに家にいるなら、もっと部屋で快適に過ごせるように、身の回りのものをアップデートしたり、新しいものを導入しようと考え、ここ半年、いろいろとチャレンジしてきました。

 

その中でも特に買ってよかったものを5つ選んでみましたので、ご紹介しますね!

 

 

 

1.無印良品のパイン材テーブル & イームズシェルチェア

 

f:id:zakki_blog:20210109175318j:plain

 

まずは、折りたたみの机とオシャレな椅子です。

 

折りたたみのテーブルは、さまざまなシーンに柔軟に使えてオススメです。特にこの無印良品のパイン材ハイテーブルは、価格も安く、グラつきもなく、大きすぎず、小さすぎず、かなりオススメです。

 

また、このテーブルにマッチする椅子として、イームズシェルチェアをオススメします。テーブルの木材の感じとチェアの脚の木の感じがマッチして、いい雰囲気を醸し出しています。

 

在宅勤務も増えてきた今日この頃、スッキリとした机と椅子にアップデートしてみるのはいかがでしょうか?

 

 

2.窓用フィルム

 

f:id:zakki_blog:20210109175308j:plain

 

当然のように「窓にはカーテンを」と思っていたのですが、その反面、なんかやだな・・・と思っていました。その理由は次の通り。

 

  1. サイズを測るなど、そもそも購入に手間がかかる
  2. 窓サイズによって好みの柄がない可能性がある
  3. 引っ越ししたら再利用できるか怪しい
  4. それなのに、レースも含めると割と高い
  5. ホコリがたまる
  6. 開け閉めが面倒/開けないと日が入ってこない

 

そこで、カーテン以外の選択肢がないか、色々と探った結果、この「窓用フィルム」に辿り着きました。

 

部屋がスッキリしますし、自然に光が取り込まれます。シートはざらざらしているので、目隠しも完璧です。

 

f:id:zakki_blog:20210112102826j:plain

 

フワッとした自然の光で起きる朝は最高ですよ!

 

難点としては、貼るのが結構難しいこと、部屋の保温性がカーテンより劣ることです。それでも筆者は、こっちのほうが断然好きです。

 

 

3.Apple AirPods Pro

 

f:id:zakki_blog:20210109175256j:plain

 

AirPodsでなくてもいいと思いますが、ノイズキャンセリング機能付きのワイヤレスイヤホンは、本当に買ってよかったと思えるお気に入りの一品です。

 

それまでは、よくあるBluetoothのイヤホン(beats)を使っていて、ワイヤレスイヤホンは無くしそうだし、ノイズキャンセリング機能は、誰かに話しかけられた時に無視しちゃいそうだから、別にいいか、と敬遠してました。

 

ですが、Bluetoothイヤホンが壊れたことをきっかけに、思い切ってAirPodsに買い換えてみたところ、これが大当たりでした。

 

特に、最近はマスクを着用するシーンが多く、コード有のイヤホンとの共存が結構厄介だったりします。まず、それがワイヤレスになって解消されたことが一点。

 

そして、なにより、ノイズキャンセリング機能が凄すぎます。もうノイズキャンセリング機能がないイヤホンには戻れません・・・。いままで、電車の中などで、あんまり音楽が聞こえていなかったんだな、と気づかされました。

 

ちょっと値が張りますが、最近は中国系の有名ブランドからも、割安のイヤホンが出はじめているようです。要ウォッチですね。

 

Apple AirPods Pro

Apple AirPods Pro

発売日:
      2019/10/30
メディア:
    エレクトロニクス
 

 

4.スマートリモコン(SwitchBot)

 

f:id:zakki_blog:20210109175244j:plain

 

「スマートリモコン」という名前は耳にしたことがあるけど、具体的になにができて、どんな風に生活が変わるかってよくわかりませんよね。筆者もその一人でした。

 

ひとことで言うと「スマホがリモコン代わりになる」というものです。さらにオートメーション機能があり「こういった条件の時にスイッチをオン/オフにする」などの設定もできます。

 

たとえば、筆者の場合、ベッドに入る際には、暖房をつけ、部屋の電気を消して、間接照明を付ける、というアクションをします。この3つをオートメーション機能(「手動実行」と呼ばれるメニュー)を使うことによってワンプッシュで行えるようになります。

 

そして、冬の朝は、寒くてベッドから出られないため、起きる時間の20分ほど前になると、自動で暖房が入るようにしています。これは「○○時になったら、暖房のスイッチをオンにする」というオートメーション機能(「スケジュール」と呼ばれるメニュー)を使うことで実現可能です。

 

使い方次第で、色々とできそうですね。

 

様々なメーカーよりスマートリモコンが発売されていますが、筆者は、とにかく安い ”SwitchBot” を選びました。そこまで高度なことはしていないので、今は不便なく使えています。

 

 

5.最新のスマートフォン & 格安SIM

 

f:id:zakki_blog:20210109175238j:plain

 

大手通信キャリアをお使いの方ならわかると思うのですが、スマホを新しくしたいのに、タイミング悪くてできない・・・、なんてことがありますよね。

 

そこで筆者は2020年、思い切って、大手通信キャリアを解約して、格安SIMに乗り換えました。

 

結論から言うと、もっとはやく切り替えればよかった・・・、と思いました。そう思ったポイントは次の通り。

 

  1. とにかく月額が安い!!!
  2. 使えるギガ数が減ったことで、スマホ依存の生活スタイルが激変
  3. 好きな時期に好きなスマホに変えられる
  4. 意外と通信速度などで困ることがない

 

加えて、格安SIMに切り替える際に、いっそのことスマホも買ってしまおうと、最新のiPhoneを購入しました。やはり、もっとも使用頻度の高い(と思われる)スマホにはしっかりお金を払って、快適な状態を保っておくのが良いですね。