電子メモが激安なので活用方法を考える前に買ってみた

f:id:zakki_blog:20191019181954p:plain

暇さえあればAmazonを見てしまうのですが、ここ最近、トップページの「あなたへのおすすめ」的な欄に、タイトル画像のような「激安電子メモ」が表示されていて、ちょっと気になっていました。

 

特にいらないのですが、でもなんか気になる・・・。安いし、何かに使えるかもしれない・・・。でもいらない・・・。

 

迷うこと数日、「まあ、安いし、買ってから考えるか」と、まんまと買ってしまったので、ちょっと触ってみた感想と、どのようなシチュエーションで活用できるか考えた結果をご紹介したいと思います。

 

 

 

早速届いたので開封!

 

早速、届きました。Amazonのダンボールから出てきた商品がこちら!

 

f:id:zakki_blog:20191019182010p:plain

 

「LCD WRITING BOARD(8.5インチ)」という商品です。詳細は、下記のAmazonのページの通り。1,299円に200円のクーポンを使用して、1,099円でした。(2019年10月16日時点での価格)

 

 

外箱を開けると、中身はこんな感じでした。

 

f:id:zakki_blog:20191019182029p:plain

 

緩衝材のような袋に包まれた本体と、小さな1枚の注意書きの紙が入っていました。

 

f:id:zakki_blog:20191019182039p:plain

 

注意書きには、「ありがとうご購入我が社の製品を使用!」と書かれていました。ワクワクしてきますね!!←

 

本体はこんな感じ

 

f:id:zakki_blog:20191019182049p:plain

 

f:id:zakki_blog:20191019182059p:plain

 

かなり軽いです。ちょっと安っぽい感じもしますが、良さそうです。裏面には「PASS」と書かれた丸いシールが貼られていました。品質検査に合格したのでしょうか。

 

f:id:zakki_blog:20191019182205p:plain

 

ペンが無い!と焦っていると、本体の上部の角から出てきました。爪でひっかけてスライドさせて出すタイプのようです。なお、ペンの予備は付いていないようです。

 

f:id:zakki_blog:20191019182214p:plain

 

コントロール部分はスイッチひとつで、かなりシンプルです。ボタン電池で駆動しているらしいですが、交換には細めのプラスドライバーが必要なようです。

 

f:id:zakki_blog:20191019182224p:plain

 

コントロール部分を触りながら書いたり消したりした結果、下記のような仕様であることがわかりました。

 

  LOCK時 ON時
書く できる できる
消す できない できる

 

f:id:zakki_blog:20191019182234p:plain

 

ONの状態で、とあるスマートフォンのホームボタン風なところを押すと、全て消えます。部分的に消すことはできません。

 

 

 

肝心な書き心地は?

 

書き心地は、意外と悪くなく、アリだなと思いました。ただ、滑りが良すぎて、紙に書く感覚とは全く異なります。また、ペンが細く、ちょっと持ちづらい感じも否めません。

 

f:id:zakki_blog:20191019182245p:plain

 

上記は、爪で引っ掻いた場合の写真ですが、ご覧の通り、ペンはなんでも良いみたいです。本体に収納することはできなくなりますが、太めの、ペンの代替品的なものがあると、書きやすさを改善できるかもしれません。

 

f:id:zakki_blog:20191019182256p:plain

 

上記のように、筆圧によって太さが変化します。ただし、力を入れすぎると、消すボタンを押しても線は消えきらず、写真右のように、少し残ってしまうようです。何回か消したり、時間を置いたり、普通に使っていると、残ってしまった線は消えました。書くときは、力を入れすぎないようにしましょう。

 

活用方法を考えてみた

 

f:id:zakki_blog:20191019182307p:plain

 

いろいろ触ってみて、どんな使い方ができるか考えてみました。

 

活用できそうなシーン

 - デスクに置いて急ぎのメモに使う

単語や短い文を書く分には問題ないと思います。

 

 - 子供のお絵かき道具として使う

インクなどで洋服を汚す心配がありません。

 

 - 家族の伝言板として使う

十分に機能すると思います。

 

 - イラストや図の構成を考える時に使う

イラストや図は書きやすいと思います。

 

 - アイデア出しの際に使う 

自由に書くのにも向いていると思います。 

 

 

活用はむずかしそうなシーン

 - ノートテイキングに使う

小さな文字はちょっと書きづらいかもしれません。

 

 - 文章の下書きに使う

たくさん文字を書くのも同様にちょっと辛いかもしれません。

 

 - マインドマップ作成に使う

部分的に書き直せないので、不向きかもしれません。

 

 - 勉強用として使う

感覚的に、これは多分、紙のノートの方が向いている気がします。

 

 - 記録帳として使う

爪が当たっただけでも書けてしまうので、蓄積系はやめておいた方がいいと思います。

 

 - ぶら下げて使う

ペンの滑りがいいので、不安定なところでは書きづらく感じるかもしれません。

 

おわりに

 

とはいえ、あまり普及しているものでもないので、持ってるだけで面白がられると思います。それだけでも価値は十分にあると思います。あとは、ご自身の活用シーンにマッチすれば「買い」ですね!