【すぐできる】ちょっとした文章に躍動感を出す5つのテクニック

f:id:zakki_blog:20191117014735p:plain

今回は、「つまらない文章しか書けない」と思っているあなたに向けて、すぐにでも実践できる、小手先のテクニックを5つお教えします。

 

下記の例文に対して、5つのテクニックを1つずつ反映させながら、ご紹介していく形式を取りたいと思います。

 

駅の階段を上がっていると、前を歩くお姉さんが階段を踏み外した。私はとっさに、そのお姉さんに手を差し出し、大丈夫かどうか尋ねた。すると、お姉さんは、お礼を言ったあとに、私の手を握って立ち上がった。

 

 

 

セリフを入れる

 

駅の階段を上がっていると、前を歩くお姉さんが階段を踏み外した。私はとっさに、そのお姉さんに手を差し出し、「大丈夫ですか?」と尋ねた。すると、お姉さんは、「ありがとうございます。」と、私の手を握って立ち上がった。

 

実際のセリフをそのままの口調で入れることで、その人が話す情景が浮かび、文章に臨場感が生まれます。

 

現在形を混ぜる

 

駅の階段を上がっていると、前を歩くお姉さんが階段を踏み外した。私はとっさに、そのお姉さんに手を差し出し、「大丈夫ですか?」と尋ねる。すると、お姉さんは、「ありがとうございます。」と、私の手を握って立ち上がった。

 

報告型の文章から抜け出すには、時制をうまく使い分けることが有効です。過去の文の中に現在形を盛り込むことで、その過去の文に入り込んだかのような「没入感」を与えることができます。

 

最初の一文でつかむ

 

突然の出来事にハッとした。駅の階段を上がっていると、前を歩くお姉さんが階段を踏み外した。私はとっさに、そのお姉さんに手を差し出し、「大丈夫ですか?」と尋ねる。すると、お姉さんは、「ありがとうございます。」と、私の手を握って立ち上がった。

 

やはり、最初の一文は大切です。ここで、インパクトを出し、読み手をつかむことで、「続けて読みたい!」と思わせることができます。

 

カッコを使って補足する

 

突然の出来事にハッとした。駅の(やや急勾配な)階段を上がっていると、前を歩くお姉さんが階段を踏み外した。私はとっさに、そのお姉さんに手を差し出し、「大丈夫ですか?」と尋ねる。すると、お姉さんは、「ありがとうございます。」と、私の手を握って立ち上がった。

 

背景情報や感情などをカッコを使って書くことで、直接話されているかのような感覚にさせることができます。

 

会話をしてなにかを伝えるとき、その場で言葉を紡ぐため、完璧な文章では話せず、内容が少し前後してしまいます。自分はなんとか話を伝えようと、そして、相手はなんとか理解しようとするような場になります。それをカッコを使うことで表現することができます。

 

記号を使う

 

突然の出来事にハッとした。駅の(やや急勾配な)階段を上がっていると、前を歩くお姉さんが階段を踏み外した。私はとっさに、そのお姉さんに手を差し出し、「大丈夫ですか?」と尋ねる。・・・お姉さんは、「ありがとうございます。」と、私の手を握って立ち上がった。

 

記号を使うことで、文章では表現できない「空気感」を演出することができます。しかし、記号をあまり使いすぎると読みづらくなってしまうため、ほどほどにしておくのがオススメです。

 

おわりに

 

元の文と、テクニックを反映させた文を見比べてみましょう。

 

元の文

駅の階段を上がっていると、前を歩くお姉さんが階段を踏み外した。私はとっさに、そのお姉さんに手を差し出し、大丈夫かどうか尋ねた。すると、お姉さんは、お礼を言ったあとに、私の手を握って立ち上がった。

 

テクニック反映後の文

突然の出来事にハッとした。駅の(やや急勾配な)階段を上がっていると、前を歩くお姉さんが階段を踏み外した。私はとっさに、そのお姉さんに手を差し出し、「大丈夫ですか?」と尋ねる。・・・お姉さんは、「ありがとうございます。」と、私の手を握って立ち上がった。

 

いかがでしょうか。多少は、文章に躍動感で出たのではないかと思います。ぜひ、実践してみてくださいね。ただし、テクニックを使いすぎると、くどくなってしまいますので、ご注意を。