自分が望む生き方をするために:習慣をスモールスタートさせる

f:id:zakki_blog:20200302233241j:plain

現状の生き方や生活、習慣、ライフスタイルは好きですか?それとも、理想と現実はちょっと違って、イマイチですか?

 

たとえばこんなライフスタイル・・・

 

たとえば「夜は早く寝て、早朝に起き、ランニングをしてさっぱりしてから仕事に臨む」、「休日に午前中から散歩をしてカフェでのんびりする」、「ちょっと早起きしてお弁当を作り、お昼休みに食べる」、「エイジングしたレザーケースのノートに、日々のアイデアや気付き、スケッチを書き溜めている」・・・、ちょっとオシャレ過ぎますか?でも、こんな具合に、あなたにも憧れのライフスタイルがあるのではないでしょうか。

 

しかし、どんなに強い意志をもって、ある日突然、習慣やライフスタイルをガラッと変えたとしても、なかなか長続きしないのが実情です。

 

踏み出すことが大切

 

そこで、筆者がオススメしたいのが、タイトルにもある通り「習慣をスモールスタートさせる」ことです。

 

たとえば、筋トレの習慣に憧れるのであれば、ジムを契約することや、筋トレグッズ・ヨガマットを一通り買い揃えて意気込むことではなく、今、この瞬間、なんとなく腹筋や腕立て伏せをやってみる、ということです。その回数は問いません。もちろん、1回だって構いません。

 

本当に小さな実績の積み重ね

 

そうすると、あなたには「筋トレを1回実行した」という実績が伴います。次の日に、また同じように1回でも筋トレをすれば「筋トレを2日実行した」という立派な実績が伴います。このことを数日間忘れてしまっても大丈夫です。ふと、思い出した時に、また1回でもいいので筋トレをしましょう。「筋トレ歴:数日」という実績が伴います。

 

「そんな筋トレ意味あるの?」と思うかもしれませんが、実はここで鍛えられているのは筋力ではなく、最初の一歩を踏み出す力や、新しい習慣の流れに乗ろうとする力なのです。

 

基本的に新習慣というのは、今のあなたには無くても問題がないのです。なぜなら、今までその習慣を行わなくても生きてこれたのですから。そんな状況下で、はじめから体系立ててきっちりと新習慣をはじめようと/続けようとするのは、物凄くハードルが高いこと、ということを認識することが重要です。新しいことをできない自分を責める必要はないでしょう。

 

 

 

少しでもいいから動いてみる

 

まずは、どんなに微小な動きでもいいので、とりあえずアクションをしてみることをオススメします。ここで間違っても、今までできていなかったのに「1日1ツイート」だとか「ブログを毎日1記事執筆」などといった、ハードルの高いアクションを計画してはいけません。

 

この場合であれば「今、頭の中にあるツイートや記事のネタをひとつメモってみる」とか「好きなことについて1文だけメモって文字に起こしてみる」、「ブログの下書きを1つ作って、ブログタイトルを書いてみる」とか、まずは継続を伴わないアクションをしてみると良いでしょう。気まぐれに、不定期にこれを行っていくことがやがて継続に繋がり、習慣化するのだと思います。

 

ポイントは、習慣化したい事柄のきっかけとなるはじめのアクションをいかに細かく分割して実行することができるか/そういった甘めの自分に寛容になることができるか、だと思います。